講習会・刊行物など

蓄電池設備整備資格者

蓄電池設備整備資格者制度とは

 近年、産業経済の高度な発展や社会生活環境の複雑化に伴い、消防用設備等の非常電源として蓄電池設備は非常に重要なものとして位置付けられています。蓄電池設備は火災、その他の災害等で常用電源の供給が停止した場合は的確に機能しなければなりません。そのためには常日頃から適正な維持管理が不可欠です。

 消防用設備等に用いる蓄電池設備を維持管理するためには、専門的な知識と技能を必要といたしますが、(一社)電池工業会が実施する「蓄電池設備整備資格者」講習を受講し、資格者となられた方はこの必要とする能力を満たすものであります。

 一方、消防用設備以外に用いる非常電源の維持管理について規定されている火災予防条例準則が平成3年9月30日消防予第198号により改正されました。

 この改正により従来「熟練者」に行わせるべきこととしていました蓄電池設備の点検及び整備を「必要な知識及び技能を有する者」として蓄電池設備整備資格者が 指定され、各市町村では公報等により、この旨が告示されました。
 この告示により蓄電池設備整備資格者の位置付けが確かなものとなり、その役割は一層重要なものとなりました。

受講資格

次のいずれかの資格を有する方
(1) 消防設備点検資格者の免状の交付を受けている者
(2) 消防設備士の免状交付を受けている者
  【甲種消防設備士(第1類~第4類)】または【乙種消防設備士(第1類~第4類)】
(3) 建築士の免状交付を受けている者
(4) 電気主任技術者の免状交付を受けている者
(5) 電気工事士の免状交付を受けている者
(6) 蓄電池設備に関して3年以上の実務経験を有する者
(7) 蓄電池設備に関し、上記(1)~(6)に定める者と同等若しくは同等以上の技能を有する者
  であるということを講習実施委員会において認められた者

費 用  

受講手数料27,500円(本体25,463円、消費税2,037円)、ほかに免状交付手数料2,160円(本料金2,000円、消費税160円)

受講申請

  1. 「講習の手引」を申請書提出先に用意しております。 郵送希望の方は送料
    先と、下記の部数に応じた送料分の切手(1部140円、2部205円、3部~5部250円、6~10部400円、11部以上はお問合わせください)を同封して申込んで下さい。
  2. 「講習の手引」と「受講申請書類」をダウンロードして申請

平成29年度講習会日程

平成29年2月17日現在

蓄電池設備整備資格者講習  ※実施いたしません 

開催地 講習日 受付期間 講習会場
       

当日のスケジュール等詳しい内容について
 (一社)電池工業会(別ウィンドウで開きます)

他の講習会

Copyrights 一般財団法人 岩手県防災保安協会 All Rights Reserved.