講習会・刊行物など

消防設備点検資格者

消防設備点検資格者の区分

点検資格と点検できる消防用設備等の種類

区分 点検できる消防用設備等の種類
特種 特殊消防用設備等
第1種 屋内消火栓設備、スプリンクラー設備、水噴霧消火設備、屋外消火栓設備
泡消火設備
動力消防ポンプ設備、連結散水設備、連結送水管、消防用水
不活性ガス消火設備、ハロゲン化物消火設備、粉末消火設備
消火器、簡易消火用具
第2種 自動火災報知設備、ガス漏れ火災警報設備、消防機関へ通報する火災報知設備
避難器具
漏電火災警報器
非常警報器具、非常警報設備、排煙設備、非常コンセント設備、無線通信補助設備
誘導灯、誘導標識

受講資格

講習は、消防設備士、電気工事士などの資格がなければ受けることができません。

講習の課程

(1)講習は、第1種と第2種に区分して、それぞれ3日間実施されます。
(2)講習終了後の考査に合格した者に対して資格が付与されます。

受講料等

(1)受講料は、各講習区分ごと31,800円又は29,800円です(払込手数料は受講者負担)。

 ・ 31,800円  -----  科目免除なし及び3時間以下の科目免除による受講者

 ・ 29,800円 ----- 4~7時間の科目免除による受講者
(2)前記の受講料のほか、合否判定結果通知郵送料82円が必要です。

消防設備点検資格者 再講習

概要

 消防設備点検資格者には、法令の改正や消防用設備等の技術革新に対応していけるよう、免状の交付を受けた日以降における最初の4月1日から5年以内ごとに再講習の受講が義務づけられております。一般財団法人岩手県防災保安協会では、この再講習を実施しています。

再講習の実施区分

再講習は、次表に掲げる区分により実施します。

区分 再講習の対象となる消防設備点検資格者の区分
第1種 第1種消防設備点検資格者
第2種 第2種消防設備点検資格者

再講習の課程

第1種再講習及び第2種再講習は各1日づつ行います。

資格の喪失

再講習受講期限が終了する日(受講期限の延長が認められた場合にあっては、当該期限)までに再講習を受講しなかった場合には、消防法施行規則第31条の6第6項の規定に基づき、消防設備点検資格者の資格が喪失します。

受講料等

再講習区分ごとに再講習手数料8,200円、新免状交付手数料1,540円が必要です。(払込手数料は受講者負担)

平成29年度講習会日程

平成29年2月17日現在

消防設備点検資格者 再講習会

受講者は、免状の交付を受けた日(交付年月日)以後における最初の4月1日から5年以内の者

受付期間 日程 種別 講習会場
8月3日(木)~8月17日(木) 9月28日(木) 第1種 建設研修センター
(盛岡市松尾町17-9)
9月29日(金) 第2種

消防設備点検資格者 講習会 (資格取得の講習)

受付期間 日程 種別 講習会場
7月18日(火)~8月4日(金) 9月6日(水)~8日(金) 第1種 建設研修センター
(盛岡市松尾町17-9)
9月13日(水)~15日(金) 第2種

受験資格等、詳しい内容について

他の講習会

Copyrights 一般財団法人 岩手県防災保安協会 All Rights Reserved.